© 2018 copyright(c) hitoyane all rights reserved.

【セミナー報告】広報はまずはターゲットを徹底分析せよ!

December 15, 2017

 

今年のしごとの教室最終回『ターゲット広報のはじめかた講座』を開催しました!

 

3ビズオブザーバーでもおなじみの中村智津子さんを迎え、広報=つまりは事業活動を伝えたり、発信していくための基本姿勢を教えていただきました。わたしたちはすぐに「何を発信するか?」「何のツールを使うか?」に目がいってしまいますが、すべては自分が売りたい、または買ってくれるお客さん=ターゲットが知っているんですね。ターゲットを絞り込み、ライフスタイルや普段考えていることなど物語が描けるほどに徹底的に分析していくと、その先に何を発信すれば響くのか、どんなツールなら見てくれるのか、おのずと明確になることを具体例を織り交ぜながら分かりやすく教えていただきました!

 

 

以下、受講者アンケートより抜粋

●ターゲットが答えを知っている!自分のビジネスの広報の方向性が見えた気がしました。

●ヒアリングの大切さ。とことん人に聞く。ターゲットに関する質問力を磨きます。

●ターゲットを定めていかに掘り下げていくか!妄想力が大事だということに感動。

●考える順番は、広報の目的、課題、ターゲット、そしてポジショニングで手法は最後!目からウロコ!

●具体的な実例も盛りだくさんでとてもわかりやすかった。

●大事なのは、ターゲットに刺さればいいこと。他と何が違うのかを発信する。イタコ力。

 

ターゲットを徹底分析する「刑事(デカ)」の気質、ターゲットになりきる「イタコ」の視点、大変わかりやすく受講生に響いたようです!来年もまた広報のステップアップ講座を開催したいと思います! 

 

Please reload

バックナンバー
Please reload